CATV多ch

SUPER GT 2021

第5戦 スポーツランドSUGOの決勝を生中継!

J SPORTS 4 HD(ch.533)

SUPER GT 2021

J SPORTS 4 HD(ch.533)

CATV多ch

第5戦 スポーツランドSUGOの決勝を生中継!

番組詳細
スポーツ

トヨタ、日産、ホンダの3大メーカーが参戦し、世界最速といわれるGTカーが激戦を繰り広げる「SUPER GT」。 時速300kmを超える驚速のマシン、国内外のトップドライバー、豊富な車種とタイヤメーカーなど、様々な観点から世界中の注目を集めている。 9月は、宮城県にあるスポーツランドSUGOで行われる第5戦が開催。 ホームストレートとバックストレートを基調としながら、コーナーが随所に配置されたテクニカルなコース。 全長3,621mでアップダウンも多く、最終コーナーからホームストレートにかけての10%(高低差約69m)の登り勾配が特徴。 500クラスは、開幕戦の岡山で14号車のENEOS X PRIME GR Supraが優勝。さらにトップ3をスープラが独占し好スタートを切った。 第2戦・富士では、17号車・Astemo NSX-GT、第4戦・ツインリンクもてぎでは1号車・STANLEY NSX-GTの優勝により、Honda NSX-GTが連勝で巻き返しを見せた。 ドライバーズランキングでは、大嶋和也/山下健太(14号車・ENEOS X PRIME GR Supra)がトップだが、僅差で昨シーズンの覇者山本尚貴と牧野任祐(STANLEY NSX-GT)が続く。トヨタ・スープラ、ホンダ・NSX、日産・GT-R、三つ巴の戦いから目が離せない。 300クラスは、海外のGT3勢と日本車勢の戦い。海外からはロータス、メルセデス、アウディ、BMW、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニが、日本車勢は、レクサスGT3、プリウス、スープラ、ホンダNSX、日産GT-R、スバルBRZなど、こちらも人気の車種が勢ぞろい。 開幕戦では、56号車・リアライズ日産自動車大学校 GT-Rが優勝。第2戦では60号車・SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが優勝と日本車が優勢。ドライバーズランキングも1ポイント差に3チームがひしめき合い、今後が全く読めない展開が続く。 J SPORTS 4では、第5戦 スポーツランドSUGOの決勝を生中継! J SPORTSでは2021シーズン全戦放送! 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、放送内容は変更となる可能性がございます。

(C)GTA

あなたへのおすすめ!