CATV多ch

Cycle*2022 ジロ・デ・イタリア

イタリア中がピンクに染まる3週間の戦いに注目!

J SPORTS 4 HD(ch.533)

Cycle*2022 ジロ・デ・イタリア

J SPORTS 4 HD(ch.533)

CATV多ch

イタリア中がピンクに染まる3週間の戦いに注目!

番組詳細
スポーツ

2022年のグランツールがいよいよ幕を開ける! 今年のジロ・デ・イタリアは東欧ハンガリーからスタート。もともと2020年大会の開幕地として選ばれていたが、新型コロナウイルスの影響で開催見送りとなっていた。2年の時を経てついにハンガリーの首都ブタペストでの開幕が実現される。 最も美しく、最も過酷なグランツールと形容されるジロは今年も厳しい。総獲得標高は51,000mと完全にクライマー向きのコース設定。 開幕から3日間はハンガリーで行われ、1日移動日を挟みイタリアへ。 本土初日からシチリア島名物エトナ火山の山頂でフィニッシュ。1週目を締めくくる第9ステージは最高難易度星5つの山岳ステージとなる。 2週目は中部アブルッツォ州のペスカーラから始まり、半島を横断して北西部へと移動。 週末にある第15ステージは、アルプスのコーニュ頂上にフィニッシュする。 3週目になるとさらに山岳の厳しさが増す。第16、第17とアルプスの険しい山岳を駆け抜け、その後ドロミテへ。 最も厳しいステージであるタッポーネは最終日前日の第20ステージ。 チーマコッピ(最高標高地点)のポルドイ峠を超え、最大勾配18%を含むフェダイア峠にフィニッシュ。 そして最終日、ヴェローナでの個人タイムトライアルで総合優勝争いが決着する。 今大会に出場するのは18のワールドチームに加え、バルディアーニCSFファイザネ、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ、エオーロ・コメタという4つのプロチームが選出された。 総合優勝争いで注目は2019年総合優勝リチャル・カラパス、2017年総合優勝トム・デュムラン、2016年、2013年総合優勝ヴィンツェンツォ・二バリに加え、サイモン・イェーツやジョアン・アルメイダなど豪華メンバーが出場予定。さらにマーク・カヴェンディッシュやアルノー・デマール、フェルナンド・ガビリアなど超一流のスプリンターたちの戦いも見逃せない。 イタリア中がピンクに染まる3週間の戦いに注目! J SPORTSでは全21ステージを生中継! また休息日にはこれまでのステージを振り返る「休息日TV」を放送! ※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、放送内容は変更となる可能性がございます。

(C)LaPresse

あなたへのおすすめ!