地上波

ガイアの夜明け

大阪で行列必至、大人気の「象印食堂」新メニューを揃えて東京に進出。オープンまでの舞台裏を取材。昭和の必需品のミシンが復活。新商品開発までの1年に密着

番組内…

テレビ愛知1(ch.101)

ガイアの夜明け

テレビ愛知1(ch.101)

地上波

大阪で行列必至、大人気の「象印食堂」新メニューを揃えて東京に進出。オープンまでの舞台裏を取材。昭和の必需品のミシンが復活。新商品開発までの1年に密着

番組内…

番組詳細
ニュース/報道
ドキュメンタリー/教養

大阪で行列必至、大人気の「象印食堂」新メニューを揃えて東京に進出。オープンまでの舞台裏を取材。昭和の必需品のミシンが復活。新商品開発までの1年に密着

番組内容
大阪で行列必至、大人気の「象印食堂」。調理家電の「象印マホービン」が手掛けている。一番の売りは、家庭用の炊飯器で炊きあげる“究極のご飯"。3種類がおかわりし放題で、お客の心を掴んでいた。店の目的は、炊飯器のPRと新商品の開発に繋げること。その象印食堂が2月、新メニューを揃えて東京に進出。オープンまでの舞台裏を取材した。
続き
そして「一家に一台」、昭和の必需品のミシンが復活。ミシン教室には主婦から、趣味で学ぼうという男性も参加していた。中でも人気となっているが「アックスヤマザキ」のミシン。縮小するミシン業界にあって、異例の売り上げを記録。ヒットの秘密とは?新商品開発までの1年に密着した。
出演者
【案内人】松下奈緒

【ナレーター】眞島秀和
音楽
【音楽】
新井誠志
【テーマ曲】
◆オープニング曲
 「光〜ray of light〜」(松下奈緒)
◆エンディング曲
 「ナカマ」(小田和正)
「ガイア」とは
ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア"と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。
関連情報
◆ホームページ
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/
◆公式Twitter
@gaia_no_yoake
https://twitter.com/gaia_no_yoake

都合により、番組内容、放送日時などが変更になる場合があります。
情報提供:Gガイド【2月3日更新】

あなたへのおすすめ!